So-net無料ブログ作成

子供と大人のニキビ対策

特養選び方 [生活]

祖母が特養に入っています。

普段着る服はホームからのレンタル品を着るのか、それとも家族が用意した私服を着るのか。そしてその服は家族が持ち帰って洗うのかどうかで家族の心労、金銭の負担が変わってきます。

仮に家族が購入した服を着てもらう場合は春夏秋冬それぞれの季節の服とジャケットなどが必要になります。破れたり、汚染がひどい場合には再び買わなければいけません。

また家族の考え方にもよりますが、汚染された服を自分たちで洗うのは辛いのでお金で何とかなるのならその方が良いと思います。家族が施設を訪れて服を回収したり届けたりする時間や労力もそれが毎週になるときついものがありますので。



イベントに頻繁に呼び出されるホームもあるので注意が必要です。
お花見や七夕やクリスマス会などの催しものだけでなく、たとえば月に1回必ず医師やケアマネージャと家族が話をする機会(カンファレンス)を設けるという施設は熱心で良いことなのですが、その度に施設まで通うことになる家族の負担は大きくなります。

全く面会にも行かない家族というのもどうかと思いますけれども、最低でも年に何回訪問する必要があるのかを事前に聞いておいた方が良いように思います。



そして結構後で響いてくるのが小口現金ですね。
入居しそこで生活するためだけに最低限必要なお金とは別に、たとえばお菓子の購入費用や散髪代、その他備品などの購入費用として毎月一定程度は施設に入金しておかなければいけません。

しかしほとんど必要のない施設もある一方で、一体何に使っているのか分かりませんが何万円も要求してくる施設もあるので注意が必要です。



尚、施設は経営陣は常に同じでもケアマネージャーやフロア主任が変わると、雰囲気もガラッと変わります。入居したときは良くても5年後に同じサービスを受けられるかどうか分かりません。

今、祖母が入居している施設はケアマネージャーが変わってから家族への対応が適当になりました。
連絡は遅いですし機転も利きません。確定申告(医療費控除)に必要な領収書も平気で紛失したりします。


できる限り評判の良いところを探すのは当然なのですが、ホームページなどに掲載されていない細かい話は実際にその施設に申し込んだときに全て聞いておくことが必要だと思います。


これまで書いたように特に服やお金に関すること、イベントなどは前もって聞いておいた方が無難だとおもいます。


IMG_6668 (3).JPG


共通テーマ:健康